境界とは

境界と筆界

土地は一見して区切りがありません。自然のままだとどこまでも続いています。しかし、所有する限界を定める上からは、非常に不都合が生じます。そこで明治初年から国の事業として、海や川の地形を取り込んで「地番」を定めて区切りを付けました。これが登記法上で「筆界」といい、一般的には通称「境界」と呼ばれているものです。筆界と境界が合致しているときは差し支えありませんが、複雑な筆界の土地は隣地所有者同士の合意によって、利用するのに都合の良い形状で区切りを定めている場合もあります。これも「境界」と言われています。

ところが、個人間で承知したものであっても、筆界は変更したことになりません。例えば筆界線が、凹凸や出入りの多いノコギリ状の土地であった場合、都合が悪く不便です。そこで隣地所有者同士で協議して直線的な境界を決定しても、利用するには差し支えないのですが、このよう

に筆界と境界が異なる場合には、登記手続をしないと筆界と境界は同一にはなりません。同一のものとさせるには、分筆し相互に突出部分を交換して、合筆する必要があります。

権利を明確にするには常に注意して、筆界と境界を同一にしておく必要があります。詳しくは土地家屋調査士にご相談ください。

『境界変われど筆界変わらず』

筆界物語

筆界がはじめて設けられたのは、明治初年に実施された地租改正事業であると言われています。

すなわち、時の明治政府はわが国の近代化と財政的基盤固めのため、廃藩置県を断行し、土地の売買を自由にし、地券を発行して所有者を確認するとともに、地租を徴収する地租改正事業を推し進めました。

この事業の一環として、全国的に1筆ごとに土地の検査・測量(「地押丈量」といわれています。)して地図を作製したのです。

この地図は、俗に野取絵図(改祖図、字切図、字限図、字図)と言われ、明治6年から14年頃までに作製されました。

しかし、この野取絵図は、測量技術も未熟で、脱落や重複しているものもあり、明治20年から22年にかけて再調整作業が実施されました。この作業で作られた地図が地押調査図または更正図と称されているものです。

この地押調査図は、明治22年土地台帳規則が制定されたことにより、土地台帳附属地図として正本は税務署に、副本は地元市町村役場に保管され、その後、台帳事務が登記所へ移管された昭和25年以降は、登記所で俗に「公図」と呼ばれ、現在まで保管されています。

その間、昭和5年に土地台帳制度の廃止に伴い公図は法的根拠を失ったとも言われていますが、わが国では地籍図等が作られたごく一部の地域を除き、土地の位置・形状、つまり筆界を明らかにした地図は、この公図のほかにありません。そのために明治時代に作られた古い地図にもかかわらず、その後の分・合筆に伴う修正をして、今日なお筆界を表示する地図として大切に保管され、登記事務を処理するばかりでなく、不動産の取引や訴訟の証拠資料等として広く利用されているところです。

『筆界100年公図が守る』

相隣関係とは

土地は、私たちの生活の場であります。土地の所有者は、所有する土地を自由に利用することができます。土地の所有権の範囲は土地の上下にも及ぶとされています。ただし、法律や法令の制限内ということになります。民法によると建物は境界線から50cm以上隔てて建てなければならないことになっています。

また、境界線から1m未満の距離において他人の宅地を観望することができる窓や縁側を作る場合は、目隠しを作らなければならないことになっています。なお、これに異なる慣習のある場合はこれに従います。袋地の所有者は、道路に出るために、周囲の土地に被害がもっとも少ない方法により、周囲の土地を通ることができます。この他にも流水、貯水、排水等に関する調整規定や境界標または囲障(ブロック塀等)などの共同設置についても民法で規定されています。

豆 知 識

●相隣関係とは、相隣接する不動産の使用収益等について相互に調整することを目的とする法律関係をいい、隣人同士が守り合うための基準です。

●建築基準法は、公共の福祉等の観点から耐久性・安全性の確保をするための規制等が定められ、強制力のあるものです。

●不動産登記法、借地法、建物の区分所有権等に関する法律、建物保護に関する法律等は、土地や建物の権利関係を明らかにするものです。

『きまりを守って仲良い両隣り』

境界標設置の意義

土地の境界標とは、一筆の土地の境の屈曲点に設置された標識のことで、その土地の所有者が、排他的に使用することができる範囲を、客観的に定めたものであります。

その一筆ごとの区画は、全国で約3億筆個あるといわれています。

地価は、バブル経済で急上昇しました。そのバブルが崩壊して、地価が下ったといわれています。しかし、土地は生産することができませんから、希少価値として、高価な財産であることには違いありません。そのこともあって、近年境界に関する紛争が増加しています。

宅地造成や区画整理等によって、境界標が既に設置されているところはともかく、明治初期に作製した公図に頼っているところも未だに多く、ところによっては樹木や、板塀を境界としているところもあります。

中には現況が変化して、誰も正確な境界点を証明することができないために、多くの労力と経済的負担を費やして復元することがあるばかりでなく、これが元で、今まで平穏なお隣さんとの関係も悪化してしまうというのが現状であります。

『記憶は消えても境界標は残る』

筆界とは

土地は、自然のままですと、どこまでも続きます。例えば、飛行機から見降ろすと、見渡す限り一体の土地として続きます。

ところで、特定の人が、特定の土地を所有するためには、何等かの方法で、どこからどこまで、どの区画であるか客観的に分かるようにしておく必要があります。そこで明治初期から、国の事業として「区画」と「地番」を定めました。これが、不動産登記法でいう「筆界」です。

この「筆界」のことを「公法」上の筆界と言って個人の意思では変更できないものとされる境界です。また筆界で囲まれた区画を一筆地といいます。

その一筆地の一部を駐車場として借りて利用する場合や、建物を建築する目的で借地する場合等、つまり所有権界に関係のない境界は「公法」上の境界と区別しています。占有界は登記の対象となりません。

つまり、地番と地番の境を、法律上の境界

(筆界)と考えてさしつかえありません。
そこで、境界(筆界)を客観的に認識できる標識として、境界線の代わりに立木とか巨石や石垣、小川、道路等を用いて、境界木や境界石として、他の土地と区別することにしていましたが、近年になって土地の細分化が激しく、地価が高騰したことによりわずか数センチでのもめごとや、土地の形状も著しく変化しているため、前述の境界木や境界石では不十分で、筆界点に、明確に不動の永久標識を設置しておかなければ、現地において特定することができない時代になっております。それが現在の国民のニーズなのでしょう。

筆界と利用界

『占有界変われど筆界は不変』

境界標の基礎知識

境界標は、境界の点又は線の位置を表すための標識(目じるし)です。
従って杭の頭部には、点の位置を特定するしるしが付いています。

境界標について

『1本の境界標から紛争が起こる』

境界標のあれこれ

9-1_a
一般的に永続性のある境界標として最も多く使用されています。サイズは場所によって使い分けされ、大きさも長さも異なります。
9-1_b花崗岩のことで、美しくて堅い、境界標としては最も優れた永続性のある材質です。深成岩の希少価値と堅いため加工に手間がかかりますので若干高価になります。
9-1_c現地の状況で動く可能性のあるところでは、コンクリートにより根巻をしておくと費用はかかりますが一層堅固になります。
9-1_d加工が簡単なため、様々な形状の工夫がなされ、市場にたくさん出回ってきました。軽くて安定性に欠ける部分がありますが、コンクリートや御影石を継いだものや、ステンレスで頭部を巻いたもの等工夫されています。
9-1_eサイズは様々ですが1~2年程度で腐食しますので耐久性に欠けます。仮杭又は一時的な杭として使用されます。
9-1_f鋳鉄杭を始め、真鍮(しんちゅう)、ステンレス又はアルミ等により、現地の事情に合わせて使用する標識がたくさん開発されています。

『木杭ひととき石杭末代』

ページの上部へ