境界標の設置

境界標設置の条件

命の次に大切と言われている高価な財産、その財産を、境界標が守ってくれます。と言っても、その境界標は、人任せにせず土地の所有者が管理しなければなりません。管理するには次のようなことに留意して境界標を設置することが得策です。

(1)不動性
最も大切なことは、境界標が簡単に動かないように設置しておくことです。
(2)永続性
100年単位で長くもちこたえる。つまり耐久性のある堅固な境界標を設置しておくことが大切です。
(3)明瞭性
土地は、他人から侵害されては困ります。客観的に認識できるようペンキを塗る等、誰にでも認識できるよう明瞭にしておくことも大事なことです。
(4)特定性
土地の細分化が進行しています。密集市街地等では、境界標が多くなりました。例えば境界標の設置してあるところは、塀の右か左か又は中心等、スケッチしておくとか、番号を付けて写真を撮っておくのもよいことです。
(5)信頼性
境界標は、隣人と協議しないで勝手に設置することはできません。当事者が立会いのもとに信頼性のある境界標を設置しておかなければなりません。更に、当事者間で境界を確定した経緯を境界確認書等として、文書化してあれば良いでしょう。
(6)管理性
境界標を設置したら、管理するために、「土地家屋調査士」が作製した図面、隣人との境界協定書、官民境界確定の資料等を備えておくことと、登記されている事項と一致させて管理を完璧にしておきましょう。

『境界標は土地のガードマン』

境界標の上手な設置

8-1
◆境界標の設置はできる限り境界線の真中(中心)に入れるのが得策です。
のコンクリート境界標は、頭が欠けると、右か左か位置が分からなくなります。

◆頭の傾いた境界標も感心しません。傾いているということは、移動している場合がありますから土地家屋調査士に調査してもらいましょう。

[民 法]
第二百二十三条【界標設置権】土地ノ所有者ハ隣地ノ所有者卜共同ノ費用ヲ以テ彊界ヲ標示スヘキ物ヲ設クルコトヲ得

第二百二十四条【同前】界標ノ設置及ヒ保存ノ費用ハ相隣者平分シテ之ヲ負担ス但測量ノ費用ハ其土地ノ広狭二応シテ之ヲ分担ス

第二百二十九条【彊界線上の物の共有推定】彊界線上二設ケタル界標、囲障、牆壁及ヒ溝渠ハ相隣者ノ共有二属スルモノト推定ス

[刑 法]
(境界損壊)
第二百六十二条の二 境界標を損壊し、移動し、若しくは除去し、又はその他の方法により、土地の境界を認識することができないようにした者は、五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

『境界標は重力方向に垂直に』

現地に境界標を設置できないときは引照点

現地における土地の特定機能や復元機能を強化するため、平成5年10月1日、不動産登記法の一部が改正され、登記の申請に添付する「地積測量図」に、現地の事情により境界標を、物理的に設置できない場合においては、境界標の表示に代えて、筆界点と近傍の恒久的地物との距離、角度等により位置関係を記載することになりました。つまり、どうしても現地に境界標が設置できない場合は、いつでも現地の「引照点」から復元できる状態にして置くことになりました。

いずれにしても引照点は現地に境界標が設置できない特別の場合に、境界標の位置を復元するためのお守りに過ぎません。長期的な観点からは不動の永久標識設置に勝るものはありません。

10-1

『短期は損期、長期を考えて』

ページの上部へ